クミコオフィシャルサイト - Kumiko Official Site

クミコ - ココロの扉をたたくウタ

プロフィール - Profile 著作権表示

クミコのバイオグラフィーと主な活動歴をご紹介します。

クミコプロフィール用写真

プロフィール

1954年 9月26日 茨城県水戸市生まれ。早稲田大学卒。

1978年 「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。

1982年 シャンソンの老舗・銀座「銀巴里」のオーディションに合格し、プロとしての活動をスタート。

※その後は渋谷「ジャンジャン」などにも出演。シャンソンの枠にとどまらず、ジャンルを問わない唄い手として活動。

1999年 作詞家・松本隆氏と出会う。

2000年 松本隆氏・鈴木慶一氏プロデュースでアルバム「AURA アウラ」を発売。7月より、avexグループ、新レーベルavex ioに所属。

2002年 avex ioより、ニューアルバム「愛の讃歌」リリース。アルバムに収録されている「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”として大きな反響を呼び、翌2003年2月5日急遽シングルカット。シャンソンでは異例の大ヒットとなり、注目を集める。

2006年 初のベストアルバム「クミコ・ベスト わが麗しき恋物語」をリリース(3/8)。

2007年 デビュー25周年を迎え、記念アルバム「十年 ~70年代の歌たち~」をリリースする。70年代の名曲をカバーし、中島みゆき書き下ろしの新曲「十年」も収録。

2008年 ニューアルバム「友よ!~あの出発(たびだち)を“青春”と呼ぼう~」を発売。

2009年 シリーズ35万部のベストセラー「届かなかったラヴレター」を井上芳雄との共演で朗読ミュージカル化。3年ぶりのシングル「届かなかったラヴレター」をリリース。

2010年 「届かなかったラヴレター」コンサートを開催(2/9・10 渋谷オーチャードホール)*井上芳雄、徳光和夫、上柳昌彦氏と共演。同時にミニアルバム「届かなかったラヴレターソングブックをリリース。
NEWシングル「INORI 〜祈り〜」をリリース(2/24)
Twitterとのコラボレーション企画 "「INORI〜祈り〜」プロジェクト "を立ち上げる。
松本隆プロデュースでクミコとして再デビュー後10周年を迎えた2010年、ついに念願の「NHK紅白歌合戦」への出場を叶える。

2011年3月11日 コンサートで石巻に訪れた際、東日本大震災に遭遇し被災。

2014年 NHK連続ドラマ「花子とアン」「マッサン」で劇中に流れ話題となっているスコットランド民謡「The Water Is Wide」の日本語版「広い河の岸辺~The Water Is Wide~」をリリースし、「希望の歌」としてロングヒット中。全国では、合唱バージョンも唄われ広がりをみせている。

2015年 戦後70年のメッセージソングとして「先生のオルガン」をシングルリリース。 そして、NPO法人日本子守唄協会創立15周年記念歌として作曲・プロデュースつんく♂×子守唄 協会会長の湯川れい子作詩「うまれてきてくれて ありがとう」をリリースし、 2015年のレコード大賞作曲賞を受賞。

2016年 7回忌を忍んだ三木たかし未発表曲「純情」をリリースすると、発売前からUSENにてリクエストが殺到。秦 基博やハナレグミの永積 崇が作曲を担当したクミコwith風街レビュープロジェクト第1弾両A面シングル 「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」も好評発売中。

※上記プロフィールは2017年3月現在のものです。